• 管理人

「さきたま新聞」第52号

「さきたま新聞」第52号で『アリ地獄天国』をご紹介いただきました。

3/14、深谷シネマでの13年ぶりの舞台挨拶を記事にしていただきました。

記者の小川さんの素敵な名刺で、前作『フツーの仕事がしたい』の際にもお会いしたことを、土屋監督は思い出しましたとのこと。


0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

世界の映画人7人が選ぶ、2020年を象徴する日本映画

世界の映画人7人が選ぶ、2020年を象徴する日本映画 「世界の映画人7人が選ぶ、2020年を象徴する日本映画」という記事で、マリオン・クロムファスさんが『アリ地獄天国』を紹介。