• 管理人

ハーバー・ビジネス・オンライン  映画を通して「社会」を切り取る

最終更新: 9月19日

「アリ地獄」のようなブラックな引越会社と闘った男の軌跡。『アリ地獄天国』土屋トカチ監督<映画を通して「社会」を切り取る15> 会社のために死なないで。追い詰められたら相談を。『アリ地獄天国』土屋トカチ監督<映画を通して「社会」を切り取る16>

(本文より)残業代なしで長時間労働を強いられ、それ故の事故や破損を起こせば多額の弁償金を給料から天引き。あっという間に借金漬けに陥ってしまう。社員はそんな自らが置かれた状況を「アリ地獄」と自虐的に呼ぶ会社がありました。

1回の閲覧

最新記事

すべて表示

ヨコハマ経済新聞 ボーナスが20円 ブラック企業で戦った男性のドキュメンタリー「アリ地獄天国」

ボーナスが20円 ブラック企業で戦った男性のドキュメンタリー「アリ地獄天国」 (本文より)関内の映像グループ「ローポジション」(横浜市中区長者町4)所属の映画監督・土屋トカチさんの新作映画、3年間かけて撮影したブラック企業の中で戦った男性のドキュメンタリー「アリ地獄天国」が1日から横浜シネマリン(長者町6)で公開されている。

© 2019-2020 Group Low Position/Office Shirahamadai