• 管理人

週間読書日記 成田龍一(歴史学者)2020年11月3日

更新日:7月22日

週間読書日記 成田龍一(歴史学者) (本文より)土屋トカチ監督の「アリ地獄天国」を見る。引っ越し業界で働く一青年が、配置転換を不服とし訴訟を起こし、勝訴するまでを描く。「事実」を伝えるノンフィクション(ドキュメンタリー)映画だが、最後の瞬間、これまで仮名であった主人公が本名を名乗るという「物語的」シーンが映し出される。 萩原慎一郎の「歌集 滑走路」と重ねて記されています。

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示