山形国際ドキュメンタリー
映画祭2019 日本プログラム
公式上映作品

貧困ジャーナリズム賞2019

受賞作品

第15回トルコ国際労働者映画祭
​公式上映作品

門真国際映画祭2020
ドキュメンタリー部門
公式上映作品

第20回ニッポン・コネクション
​第1回ニッポン・オンライン賞 受賞

ドキュメンタリー映画

土屋トカチ監督作品

第20回ニッポン・コネクション 第1回ニッポンオンライン賞受賞。

2020年秋頃、東京・ユーロスペース他にて全国順次公開。

監督/土屋トカチ『フツーの仕事がしたい』

取材協力/プレカリアートユニオン ナレーション/可野浩太郎 主題歌/マーガレットズロース「コントローラー」
撮影・編集・構成/土屋トカチ 構成/飯田基晴 整音/常田高志 企画/小笠原史仁・土屋トカチ 広告デザイン/信田風馬(創造集団440Hz)
制作/映像グループ ローポジション・白浜台映像事務所 配給/映像グループ ローポジション

日本/2019/98分/デジタルファイル/ブルーレイ上映

 

Introduction

日本政府の重要政策のひとつ「働き方改革」が叫ばれているいま、労働環境の改善が深く問われている。きっかけのひとつに「ブラック企業」「ブラックバイト」なる言葉が広く認識され、大きな社会問題となってきたことが挙げられる。異様な労働環境のもと、長時間労働を強い、法律を無視し、人権を踏みにじるような企業経営は、あとを絶たない。大企業での過労死や過労自死も記憶にあたらしい。

本作「アリ地獄天国」は、理不尽な労働環境に置かれた30代の正社員が、改善を求めて個人加盟型の労働組合に加入し、たたかった3年間の記録である。どうすれば真の意味で「働き方改革」が実現できるのか。この映画体験は、そのヒントになるかもしれない。

Story

とある引越会社。社員らは自らが置かれた状況を「アリ地獄」と自虐的に呼ぶ。それは、長時間労働を強いられ、事故や破損を起こせば借金漬けに陥る状況を指す。営業職の34才の男性は異議を唱え、一人でも入れる個人加盟型労働組合に加入した。すると、粉塵の舞うシュレッダー係へ配転され、給与は半減。のちに懲戒解雇に追い込まれた。事由を記した「罪状ペーパー」なる掲示物も全国支店に貼りだされた。

間もなく解雇は撤回されたが、復職先は再びシュレッダー係。それが2年間も続く。さらに、法律違反である労働組合への不当労働行為が発生。「差別人事」の実態も取材を通じて明らかとなった。

一方、大学時代からの親友の自死を止められなかった監督は、後悔の念に苛まれていた・・・。生き残るための、労働映画(ロードームービー)、誕生!

Glossary

労働組合との間で生じた争議を公正・中立の立場から解決する行政機関のこと。労働委員会は司法に準ずる機能を持つ。中央労働委員会は、二つ以上の都道府県にまたがるものや、全国的に重要な案件、都道府県労委が行った命令に不服があった場合の再審査、不当労働行為事件の審査、労働組合の資格審査などを行う。

 

労働組合

はたらく者(労働者)が団結して、賃金や労働時間などの労働条件の改善を図るためにつくる団体のこと。労働者が団結し、使用者と団体交渉を行い、抗議行動やストライキ等の団体行動をする権利は、憲法第28条で保障されている基本的な権利。日本では、個別の企業ごとにつくられる「企業別労働組合」が多数を占める。

ユニオン

「企業別労働組合」と異なり、どんな職種でも誰でも一人でも加入できる労働組合のこと。「ユニオン」もしくは「合同労組」と呼ばれることが多い。映画「アリ地獄天国」に取材協力してくれたプレカリアートユニオンも、これに該当する。

団体交渉

労働組合と使用者が対等な立場で話し合うこと。使用者側は、労働組合より申し入れられた団体交渉を、正当な理由なくして拒否する事はできない。

不当労働行為

労働組合員に対する不利益な取り扱い、脱退工作、団体交渉拒否など、使用者が行う労働組合法違反の行為のこと。

労働委員会

懲戒解雇

民間企業において、就業規則に基づく懲戒の一つとして行う解雇のこと。労働者にとって極めて重い処分で、通常の解雇と比べ、再就職は非常に困難となり、会社に与えた損害についても労働者は厳しく追及される。裁判例では、横領や着服、長期の無断欠勤、経歴詐称、深刻なハラスメント行為などが懲戒解雇の理由として認められている。退職強要の一手段として、使用者が労働者のミスや職務態度を理由に、懲戒解雇が行われた例もある。
 

 

Staff

可野浩太郎

ナレーション

1978年大阪府生まれ。数々の舞台を経験後、モデルとしても活動。主な出演歴として【映画】イニシャルD、陽光桜【CF・広告】キリンフリー、アルファード、NTT、ソニー生命【ゲーム】龍が如く2など多数。また、古典芸能にも従事し地唄舞(上方舞)を紀尾井ホール、知恩院などで披露。近年では舞台、映画美術の経験を生かし、着物ブランド「がれりあ りあり」を立ち上げた。2018年染織意匠着物図案コンペ金賞受賞。今回が初の長編ナレーションとなる。

土屋トカチ(写真左)

監督・撮影・編集・構成・企画

1971年京都府舞鶴市生まれ。母子家庭に育ち、新聞配達・書店員・工場請負作業員・ 日雇い労働等を経て、99年より映像制作を開始。00年映像制作会社に就職。02年会社都合により解雇。06年、映像グループ ローポジションを飯田基晴、常田高志と設立。監督デビュー作「フツーの仕事がしたい」(08年)が、英国・第17回レインダンス映画祭、UAE・第6回ドバイ国際映画祭において、ベストドキュメンタリー賞を受賞。3分間ビデオ集「経年劣化」(13年)発表。監督最新作「アリ地獄天国」(19年)が、第16回山形国際ドキュメンタリー映画祭で上映。同年、貧困ジャーナリズム賞を受賞。20年、第20回ニッポン・コネクションにて第1回ニッポン・オンライン賞を受賞。

主題歌「コントローラー」

1996年、早稲田大学の音楽サークルで出会った平井正也、岡野大輔、粕谷裕一の3人が意気投合し結成。2009年頃から熱海裕司がサポートメンバーで加入。2012年1月から正式メンバーとなり、現在の4人編成へ。2019年までに、10枚のアルバムを発表。2004年のライブアルバム「ネオンホール」のDVD、2007年の「ぼーっとして夕暮れ」PVを土屋監督が担当するなど、交流が深い。2008年公開の『フツーの仕事がしたい』では「ここでうたえ」。2013年発表のDVD『経年劣化』では「オクターブ上で」。そして本作「アリ地獄天国」では「コントローラー」を提供。挿入曲「6月」も平井正也の別ユニット「The Old & Moderns」による楽曲。

 

 

『フツーの仕事がしたい』の土屋トカチ監督の新作。運送企業のいち社員が会社側からの露骨で執拗な嫌がらせに立ち向かう、約3年間にわたる労働争議の過程を追った告発ドキュメンタリー映画。
アリさんマークの引越社の非道ぶりには驚愕するばかりだが、監督自身の体験からくる憤怒を帯びたカメラが、当節日本社会の全貌を捉え、人間の尊厳を浮上させる怒りの作法は、ケン・ローチの新作『家族を想うとき』とひと連なりだ。
日本中の働く者たち、特に若者に観て欲しい。

中川 敬

(ミュージシャン/ソウル・フラワー・ユニオン)

来る日も来る日もシュレッダーの前に立ち、大量の文書を粉砕する青年。会社が彼に命じた仕事は、その横暴の証拠を隠滅させるかのような強制労働だ。巨大なゴミ袋をサンタクロースのように担ぐ彼は、組織の権力者により働きアリの地獄に落とされた。
しかし彼は目覚める。組織はそれを支える全ての人々のために存在すべきではないのか。権力のいいなりにはならない。権力の横暴を許さない。人生を取り戻せ。
会社とは文字通り社会の裏返し。彼の闘いは私たちの闘いでもある。権力が暴走する日本でいま最も重要で必要な映画、それが「アリ地獄天国」。
アリよ、蝶のように舞い、蜂のように刺せ!社会を刺せ!時代を刺せ!日本を刺せ!

村上浩康(映画監督)

comment

会社って、何のために大きくするんでしょう?そこで働く人たちが皆、働きやすくなるため、生活が楽になるためじゃないでしょうか?ここまでブラックにならないと大きくならないんですか?むちゃくちゃ本末転倒じゃないですか?
土屋トカチ監督の『アリ地獄天国』は、ブラック企業と闘う労働者の映画ですが、会社とは何かと問われる映画でもあります。
労働者だけでなく、経営者の皆様にもぜひ見ていただきたいです。

迫川尚子(写真家/ベルク副店長)

絶句するほどの劣悪な労働条件、徹底的に踏みにじられる労働者。一瞬にして鬱になりそうだった。現代の労働地獄絵図と、それでも勇気を持ち立ち上がる労働者を、カメラは捉え続けた。闘うことで、会社と社会を変えることができるかもしれない。そんな希望を感じさせる傑作だ。
土屋トカチは傷ついている人、立ち上がる人を撮影する、日本の第一人者である。これは、ケン・ローチに対する、日本からの回答だ!

常見陽平
(千葉商科大学国際教養学部専任講師/働き方評論家)

疲れはてた身体。蓋をした感情。行くしかない。生きるため、仕事に行くしかない。陰惨な職場。殴られる。脅される、いじめ抜かれる。でも行くしかない。

息をひそめて生き抜こうとした。でもやっぱり、おかしいだろう。そうだおかしい。


隣を歩いてくれる仲間ができた。声を張る、からだを張る、一歩も引かない仲間たち。頼もしい仲間。そうだ、きょうからもうひとりじゃない。土屋監督も肩を組む。先に逝った仲間も肩を組む。ひとりではたたかえない、だから肩を組む。


仲間がいる。ここにいる。


あなたももうひとりじゃない。
きょうから
もうひとりじゃない。


宍戸大裕(映像作家)

アリ地獄天国 ― 「仁義なき戦い」に挑む普通の人たち


それにしても愉快だ。
企業側のオラオラに対してビクともしない女性組合員。お仕置き部屋でも作業効率を求めて真面目に働く被害当事者。しなやかで、図太くて、腰が座ってて、ブレない連中による、労働者『ど根性物語』とでも言おうか。交渉に交渉を重ねた結末には、えっ、そうなの?そこまで行ったのかぁ、となった。


これまで、多くの被害者が望んでも手に入れられなかった成果を得られたことに、少し驚いた。被害当事者が、働くこと、生きること、職場環境を良くすることを諦めなかったのは、彼とともに1ミリずつコマを進めていった仲間がいたからではないだろうか。


映画は語る。
死ぬな、諦めるな、助けを求めろ、あなたが助けを求めるなら、その手を決して離さないから、と。どんな権利も、闘わなければ手に入らない。でも、諦めなければ勝てる、と。


見終わって、胸が熱くなって涙が出るのはどうしてだろうか。

 
辛淑玉(人材育成技術研究所)

 

Theather

東 京

 03-3461-0211 

2020年秋頃 公開予定

横 浜

6月1日(月)~ 6月19日(金)

 045-341-3180 

4月4日(土)~ 4月7日(金)

2020年秋頃、アンコール上映決定!

京 都

 075-661-3993 

近日公開予定

神 戸

 078-366-2636 

近日公開予定

自主上映

名古屋

共催:ユニオン学校と連帯する市民の会、ユニオン学校運営委員会、
関西生コン労組つぶしの弾圧を許さない東海の会
連絡先:090-3543-9205(松本)、090-4235-0662(近森)
(会場カンパ 500円~)

愛知県名古屋市熱田区沢下町9−7

​新型肺炎の感染拡大を受けて、開催延期。

映画祭

大 阪

8月13日(木)~8月15日(土)

​ドキュメンタリー部門にて二次審査通過。映画祭での上映が決定しました。

​新型肺炎の感染拡大を受けて、開催延期。

映画『アリ地獄天国』へのコメントをいただいた宍戸大裕監督の『道草』、村上浩康監督の『東京干潟』など、良質なドキュメンタリー映画・計13本が上映されます。

横 浜

上映終了

 052-452-6036 

2019年12月28日(土)~2020年1月10日(金) 

名古屋

上映終了しました。ありがとうございました。

 06-4862-7733 

大 阪

2020年3月21日(土)~4月7日(火) 

上映終了しました。ありがとうございました。

2020年5月23日(土)~6月12日(金) 

お問い合わせ

作品へのご質問・自主上映のご相談など、お気軽にお問い合わせください。

 

© 2019-2020 Group Low Position/Office Shirahamadai