AriJigokuTengoku03.jpg
main_ari01.png

学校&労働組合 上映優待キャンペーン 

高校・大学・各種専門学校などの教育機関や
労働組合内での学習会に『アリ地獄天国』をご活用ください。

申込締切
2021年
1230日迄

『アリ地獄天国』とは

学生の感想(抜粋)

とある引越会社を舞台としたドキュメンタリー映画です。社員たちは自分たちの労働状況を「アリ地獄」と自嘲していました。長時間労働を強いられ、事故や破損を起こせば、会社への弁済で借金漬けになるからです。

本作の主人公、西村有さん(仮名)は34歳の営業職。会社の方針に異議を唱え、一人でも入れる個人加盟の労働組合に加入し「まともな会社になってほしい」と労働争議を続けます。


次第にたくましく変わってゆく西村さん。主人公の成長を通して、基本的な労働法に関する知識や権利、労働組合の仕組みを学ぶことができます。

「こういった会社が世の中に知られていないだけで、まだ数多く存在していると考えると怖くて残念な気持ちになった」

「労働者を尊重しないどころか、人権を無視するような扱いをする現状が実際にあることに、不安や恐怖を覚えた」

「同じ環境に長く居続けるとその環境に慣れてしまい、異常なことや悪い環境に気づかなくなってしまうことが一番怖い。色々な人への相談や労働組合への加入などできることをしっかりとする必要があると感じた」

「正直この現実を見て涙が出ました。未来の自分に見えたから」

受賞歴

貧困ジャーナリズム賞2019
第20回ニッポン・コネクション​第1回ニッポン・オンライン賞
第2回米国ピッツバーグ大学日本ドキュメンタリー映画賞 ​グランプリ
門真国際映画祭2020ドキュメンタリー部門優秀作品賞
福井映画祭14TH長編部門観客賞
2020年・第94回キネマ旬報ベスト・テン文化映画ベスト・テン第8位

申込詳細

◆キャンペーン価格

​教育機関でのご使用、労働組合の学習会におけるキャンペーン期間特別価格です。一般的な自主上映会の料金とは異なります。ご了承ください。

◆上映媒体
ブルーレイ、DVD、Vimeoによるオンライン限定配信
 

◆上映価格
ご鑑賞者1名様500円×20名様より(20名に満たない場合でも、ご相談ください)
 

◆キャンペーン期間
2021年9月10日 申し込み受付分より、2021年12月30日迄。
ご利用は2022年3月31日まで可。

◆送料
ブルーレイ、DVDをお送りする際の送料は、上映料と別途ご負担いただきます。

ご了承ください。

◆下記のフォーマットにご記入いただき、お申込みください。

main_ari01.png

学校&労働組合 上映優待キャンペーン申込

Thanks for submitting!